top of page

​船山 哲郎

​美術家・研究者

周辺環境に対して新たな体験を創出する屋外インスタレーションを主たる表現とし、東北・北海道の過疎地域を中心に作品を展開している。また、映像メディアの空間特性に着目し、自らの空間作品の映像制作を通して、空間を切り取る撮影手法を模索している。

 制作活動と並行して、屋外インスタレーション作品の制作手法に関する研究を行っており、日本環境芸術学会に複数の研究報告を発表している。

1992年  ​秋田県能代市生まれ

 

2016年  札幌市立大学大学院デザイン研究科 博士前期課程 空間デザイン分野 修了 修士(デザイン学)

2018年  秋田公立美術大学 美術学部美術学科 助手

2020年  札幌市立大学大学院デザイン研究科 博士後期課程 人間空間デザイン分野​修了 博士(デザイン学)

bottom of page